物欲父さんの子育て

ガジェットが大好な普通のサラリーマン。 手に入れた小遣いを音速で使い切るのが特技。子育てを隠れ蓑に物欲父さんが走る…だいたい週末に更新します!

会社の仲間と潮干狩り



会社の仲間と潮干狩りに行きました。
時期は4月末。少し暖かくなってくる感じだったので、
潮のカレンダーを見ながら日程を決定。

でも、残念ながら当日はどよ~ん、と雨まじりの曇天。

DSC05812.jpg
どよ~ん

しかも結構寒い!

我々のグループは小学生中心の
子供たちが沢山いるので、本当なら
温かい春の海でテンションアゲアゲ…の筈が。

DSC05822_20160702171904ff0.jpg
当然砂浜はガラガラ(いつもはギューギュー)

でも

DSC05819.jpg
寒い中でも採れ始めると皆楽しそうに

でもやっぱり寒いので

DSC05828.jpg
そうそうにテント村へ戻り(みな持ち寄り)

DSC05826.jpg
採れ具合を比べながらお菓子タイム

企画の発案者としては、
楽しんでくれただけでも良かった!

DSC05848.jpg
最後は楽しく記念写真(一人ヘソマゲでフレームアウト)

=====

で、私の漁獲高はというと。

DSC05860.jpg
こんな感じ

スーパー的に言うと、
1,500円分くらいは採れたかしら?!

で、

DSC05920.jpg
美味しくいただきました!!!


来年も行くぞ~参加者募集!!!

スポンサーサイト
  1. 2016/07/02(土) 17:35:51|
  2. 友人関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初冬のユーシン渓谷



昨年の初冬、会社の仲間と久々のハイキングに行きました。
だんだん大人数化&子供会化してて、とても楽しいです!

四回目の今回はどこに行こうかと悩んでいたら、
こんなのを見つけ、ここに決定。

web yusin
【死ぬまでに…どころか明日にでも行ける!】世界遺産級の“絶景ブルー”が神奈川に!

選んだ理由のはもう一つあって、
私が今から二十数年前の学生の頃に
子供会のボランティアで行ったことがあったから。


結論から言うと、
Webの様な、私が行ったとき(夏)の様な
綺麗な水はありませんでした。
水量が少ない冬はダメだったのかもしれません…

でも、子供たちは楽しんでくれたようでヨカッタです!

DSC04485_2016042721465669c.jpg
丹沢湖の東端から車で行ける最深部まで行った駐車場

初冬の早朝だというのにまあまあな台数が停まってました。

DSC04492.jpg
天気は最高でクリアな山々がお出迎え!

DSC04487_20160427214658845.jpg
ストレッチ後車止めを越えてスタート!

DSC04489.jpg
ルートは終始こんな感じ

子供でもそれほど危なくないです。
幼稚園年長~小学校低学年がほとんどで
一人だけ小学校高学年という感じでした。
大人は全員が私と同じ会社です。
(開発部7人+製造部1人)

DSC04490.jpg
所々こんなトンネル

DSC04495.jpg
一部は初対面で微妙な空気の子供たち(笑)

DSC04510.jpg
最年長の子供はだいぶ落ち着いてる感じ

DSC04511.jpg
だんだん森が深くなっていきます

DSC04514.jpg
ギクシャクな子供たちもすぐに仲良く!

DSC04562.jpg
一番期待のきれいな水…う~ん

DSC04524.jpg
(休憩風景)初冬とはいえ歩くと汗をかきますが止まると寒いです

DSC04536_20160427214720a89.jpg
だんだんトンネルも長く

DSC04545.jpg
まっくらで懐中電灯必須

なので、100円ショップのライトを
子供たちの人数分を用意し配布してた
大活躍でした。

DSC04543.jpg
空気がクリアでコントラストがスゴイ

DSC04627_20160427214731fa2.jpg
時々斜面を登りだす子供たち

DSC04567.jpg
氷が珍しいのかハイテンションに!

DSC04622.jpg
山奥はやはり寒いわけで

DSC04605.jpg
ススキにもテンションアップ!

DSC04609.jpg
でも綺麗な水は…ナッシングっていうか水量が少なすぎ

DSC04637.jpg
結構な距離をあるくとゴールが目の前に

DSC04642_201604272147443b5.jpg
この橋を渡るとゴールのユーシンロッジ

DSC04649.jpg
ゴールのユーシンロッジ

二十数年前に子供会で来たときはココに宿泊し、
キャンプファイヤーとかやりました。
今は残念ながら営業して無いようです。
何とも懐かしいしチョッとサミシイ…

DSC04647.jpg
時間も丁度良いお昼タイム

先の山専ボトルという水筒にお湯を入れ
インスタントを食べたのはココです。
寒い時期のハイキングには最高のツールです。

DSC04668.jpg
食後はキャンプファイヤーとかやった施設前でボール遊び

DSC04664.jpg
ひと段落したら施設を一周(う~ん懐かしい!)

DSC04676.jpg
そして帰路

DSC04681.jpg
またがけを登って遊んだり

DSC04703.jpg
でも水の色は…

DSC04699.jpg
まあ綺麗っちゃ綺麗ですが…

DSC04716_20160427214804a4a.jpg
それよりもクリアな空気の逆光はスゴク綺麗

DSC04722.jpg
綺麗

DSC04730_20160427214807080.jpg
本当に綺麗

DSC04734.jpg
超ハイコントラスト

IMG_1862.jpg
IMG_1839.jpg
ちなみにN山君は綺麗に撮れてました(いい腕してるね)

DSC04739.jpg
そしてゴール!

この後、写真はありませんが、
近所の小さな温泉街の「信玄館」というところで、
日帰り露天風呂で山々を見ながら入浴をして

DSC04743.jpg
帰り道にある食堂で

DSC04746.jpg
夕食をガッツ食べ

DSC04750.jpg
チョッと遊んで

帰りました。皆様お疲れ様でした!!!






  1. 2016/04/29(金) 09:49:40|
  2. 友人関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HSG登山部・金時山編



一年と六ヶ月ぶりに会社の登山部イベントが開催されました。
場所は箱根系金時山です。

時期は昨年の11月、天気は曇りでチョット残念でしたが、
雨には降られずプラスアルファも楽しくトテモ良かったです。

今回は参加者が私含め6名と少なかったので、
私の車1台で!

登山ルートはこんな感じです。

map kintoki
反時計回りで金時山まで一気に登り尾根伝いになだらかに下山

DSC01185.jpg
今回はU女史が初参戦で王子様1名のみ

DSC01192.jpg
登山口は金時神社の脇

DSC01193.jpg
紅葉時期だから?大型観光バスで多数乗り付けてました

DSC01202.jpg
登り初めてすぐに大きな岩が(定番の金太郎が割ったとかなんとか)

DSC01210.jpg
所々こういう場所もありますが王子様でもOKレベルです

DSC01237.jpg
所々に秋を感じつつ

DSC01198.jpg
余裕があったのでついつい過剰なエネルギー補給(笑

この小型スニッカーズが非常に使えます。オススメです!

DSC01227.jpg
山頂が近くなると景色も中々に

芦ノ湖が見えたり。
天気がおしい!

DSC01236.jpg
色づき始めてました

DSC01245.jpg
そして山頂!

立て看板の下に模型の「まさかり」が置いてあり、
それを持って記念写真を撮るのがイイカンジ。

DSC01249.jpg
山頂の山小屋で売ってるキノコ汁が最高!
(U女史におごっていただきました!感謝)

山頂は予想通りかなりの混雑(ドンだけブーム?!)

DSC01252.jpg
ですが運良くベンチをゲットし皆で昼食タイム!

チョット落ち着いたら

DSC01261s_201504050109354c2.jpg
雲間から富士山が拝めたので出発

DSC01297.jpg
途中の展望台でも記念写真(かすかに富士山)

DSC01301.jpg
DSC01310.jpg
マダラでしたが紅葉が綺麗でした

DSC01319.jpg
最後の下山道は植林の中を抜け一般道を通る事に
(一般道は観光客の車両がかっ飛ばしてて結構怖い)

で、このあと近所の温泉でスッキリしたら、
時間もギリだったのですが、黒卵をゲットへ

DSC01328.jpg
途中大枠谷への登り道が渋滞してて諦めかけましたが

DSC01332.jpg
無事ゲット!おいし~

---

とても楽しいツアーでした。

ちなみに、
車一台6人で行くと交通費がとっても安くすみます。
なんと、電車バスの約1/4!!!
(燃費が劇悪の我がバンでも)

しかも電車バスで大枠谷まで行ってたら、
もっと差が開いたでしょう。

ようやくでかい車を活用できました…良かった良かった


******


  1. 2015/04/05(日) 16:42:36|
  2. 友人関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猿島でBBQ


また、古いんですが昨年秋のネタです。

会社の若い連中に誘われ、
東京湾の無人島、猿島でBBQをしてきました。

私以外は20代後半~30代前半で、
いつもと違う若い連中に誘われたことが
チョットうれしかったり。結果、とても楽しかったです。

メンバー構成は一桁代、20代、30代、40代と
うちの息子が来ればフルラインナップだったので残念ですが、
なんと、全て「男」!!!なんて硬派な!!!

周りは男女混合の楽しそうなBBQグループばかりで、
そんな人たちを羨ましそうに見ないように楽しみました?!

まずは買い出し。
私の次に年長で今回の発案者であるU君とその息子S君の
車に乗せてもらい、集合場所である港近くのスーパーに
向かうも…若い連中は寝坊だの何だのと結局来ず(おいおい)

DSC09858.jpg
我々3人で買い出し…

DSC09872.jpg
そのあと二次集合場所へ

DSC09867.jpg
やっと全員集合

DSC09876.jpg
島に渡る船のチケットはココで

DSC09877.jpg
購入しました(往復1300円)

狙っていた始発は乗り遅れたため、
近所の三笠公園で今回の一桁代の
王子様達2名と遊びながら時間つぶし。

DSC09902.jpg
ものすごい元気で一緒に遊んで結構な体力を消費(笑
一通り遊んで戻ってみると

DSC09916.jpg
結構な人数が並んでました

DSC09921.jpg
そして乗船!

でもって

DSC09946.jpg
あっという間に到着(下船)

出発した岸は画像に写る対岸です。
まあ、1km程度しかないので。

DSC09947.jpg
桟橋を進むと

DSC100025.jpg
目の前の砂浜がBBR場

夏は凄い混雑らしいですが、
この日はピークを過ぎてたので
終日こんな感じでした。

DSC09953.jpg
とりあえず記念写真

花がない…いや、我々は硬派なんだ!

でもって、王子様達2名は糸の切れたタコのように、
水辺へ猛ダッシュ!

DSC09964.jpg
速攻でビショビショに…(想定内)

でもって、若い衆は釣りで食材をってことで出払ってしまい、
する事がない私は早めに食事の準備を。
ま、BBQは慣れていて&好きなので、
特に苦もなくテキパキと。

DSC09978.jpg
速攻で火おこし

DSC09979.jpg
お試しにウインナーとか焼き始めると

DSC09983.jpg
いつの間にやら王子様達参上!(想定内)

昼まで時間があったんですが、
食べ始めると腹は減るもの。

DSC09994.jpg
次は肉を焼く練習などと言ってたら…

DSC09987.jpg
釣り組も手ぶらのまま帰還しBBQを本格的にスタート

DSC09995.jpg
意外にうまかったのが焼きおにぎり

プレーンのおにぎりを買い醤油を地道に付けていくだけで、
コレが絶品!

DSC09985.jpg
ほかにイカなどを捌いてみたり

やったこと無かったんですが、
みんなで寄って集って、「TVでこうやってた」とか、
イメージだけで四苦八苦しながら。

ただ焼くだけのは大人気でしたが、
腸を崩してホイル焼きするのは、
酒を入れてなかった為か生臭く不評(T.T)

DSC100004.jpg
デザートはマシュマロを焼く

DSC100005.jpg
これが中々美味しく

DSC09998.jpg
王子様にも好評


---


食後は目の前の海岸で釣り。
行く前は鯖とか鰺とか期待は大きかったんですが、
現実は厳しく…

DSC100042.jpg
釣れたのはこんな魚(キス?)

ガッカリ王子様達に同情して

DSC100082.jpg
近所の釣りマスターが何匹か

DSC100097.jpg
くれました(感謝)

DSC100060.jpg
初体験の親子は盛り上がってました

DSC100050.jpg
もちろんみんな楽しんでました

---

その後は皆で島内散策へ
ココはラピュタ的な史跡が多いというので
有名なので期待してましたが…私的にはうーん

DSC100171.jpg
DSC100149.jpg
DSC100165.jpg
それっぽいと言えばそれっぽい

---

島内散策が終わると、いよいよ最終便の時間に。
島内には誰も残れないので必ず帰らないといけません。

なので焦って片付け。

そして王子様達は若手が水場まで抱えていき
足を洗ってあげるなど本当に王子様状態(笑

DSC100215.jpg
頭を支えに…

DSC100197.jpg
そしていよいよ離島

今回の最大の成果は、
王子様達がとても仲良くなれた事かな?

DSC100256.jpg
帰りの船で友情を確認しあう王子様達


当然、帰りの車では一瞬で眠りに落ちる王子様でした。


…あ~息子もこんな時があったなぁ~懐



  1. 2015/02/22(日) 16:57:31|
  2. 友人関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0