物欲父さんの子育て

ガジェットが大好な普通のサラリーマン。 手に入れた小遣いを音速で使い切るのが特技。子育てを隠れ蓑に物欲父さんが走る…だいたい週末に更新します!

海外出張:インド(四日目)…最終日


ブログでまとめると、
アッサリ終わったようですに見えますが
(私の文章・構成力の問題?)

実にタフでハードでした。
でも、楽しかったです。


唯一にして最大の問題は、
インド人の喋る英語が最後まで
殆ど判らなかった事。

こんなに英単語のイチゴイックが
判らないなんて。

ま、今回のビジネスは種まきなので、
旨く成長したらまた行くの(かな?)

---

さて、最終日はバンガロールから
日本直行の国際便が出てて、
ウチのインド支社があるデリーへ。

まずは、
空港で初めての(ルピーで)お使い。

二日目にインド支社長(後輩)に
両替して貰ったイクバクカの
ルピーを手に空港の売店へ。

ゲットしたのはコレ。

IMG_6662.jpg
マンゴージュース

60ルピーだったので大体60円ちょっと。
インドではお釣りを誤魔化されるとか、
警戒してましたが、空港は問題なっしんぐ。

IMG_6666.jpg
コレ、凄く美味しいんです!

濃厚で、とろみがあって。

で、果汁率がとっても高いのかと思ったら…

IMG_6664.jpg
マンゴーピューレ15%

えっ??マジ。
うーん、まいっか。

気を取り直し、
他の店で2回目の(ルピーで)お使い。

IMG_6735.jpg
珈琲とケーキ

これは上品な甘さでナカナカGood!

なんてノンキにやっていたら搭乗時間に。

やっぱり隣のインド人に話しかけられ、
会話が成立せず気まずい空気の中、
3時間くらい(適当)乗ったらデリーに到着。

---

丁度昼だったのと、
当初予定されてた面談が
顧客の都合でキャンセルとなったので、

私は現地採用社員のCさんと二人で
近所の店で食事をする事に。

Cさんに店はどうするかと聞かれ、
迷わず「マック」と私。

DSC09634.jpg
寡黙で上品な振る舞いのCさんと

現地支社から歩いて5分くらいのところにある
ショッピングセンターの中に


DSC09636.jpg
マック!

丁度昼時だったので結構な混雑でした。
日本と同じですね。

でも店内で食べる人は
日本ほど多くない感じ。

DSC09641.jpg
普通の若者達や家族連れ

IMG_6748.jpg
私が食べたのはコレ

IMG_6749.jpg
マハラジャマック!

チキンベースでタンドリー的味付けです。
ナカナカ美味しいです。日本でも売ればいいのに。

ちなみに、
箱の右上にある日の丸みたいなマークは、
ベジタリアン用じゃないよってマーク

IMG_6750.jpg
ポテトは日本より若干薄味?!

緑の日の丸のマークが
ベジタリアン用を示してます。

二人で(苦労しながら)イロイロ話が出来て
楽しかったです。

年齢は私より10才くらい上で、
息子さんは大手エアコン工場で
技術者として働いてるとか、
Cさんも日系企業を転々としてるとか。

---

食後はCさんはオフィスに直ぐ戻り
仕事ってことだったので、

私は小一時間、ショッピングセンターの
中と外を散策しました。

DSC09638.jpg
入り口はいって直ぐ

DSC09646.jpg
中は吹き抜けで

日本で言う都市近郊の中くらいの
ショッピングセンターと同じサイズです。

真ん中に日本車の展示があったりと
雰囲気にてます。

売ってるモノも日本とかと変わらない感じです。

違うのは入り口にヤッパリ
DSC09648.jpg
これがあること

ま、かなり適当でしたが。

あと、画像はありませんが、
インドオリジナルな店と言えば、
サリー専門店がありました。

日本の呉服屋さんみたいなもの??

勿論、映画館もゲーセンもあり、
若者達が楽しそうに遊んでました。


で、帰りに無意識に引き寄せられたのが、
マックの脇にあった専用カウンター。

ナンの専用かというと、

IMG_6757.jpg
ソフトクリーム!

しかも面白いのは、
ソフトクリームをグルグル出した後、
オプションでチョコレートの溶けた容器に
突っ込んでくれる事。

勿論、受け取った瞬間は大量の
チョコが手に掛かり、かなりブルー。

ただ、ものの数分でパリパリの
チョコ・コーティングとなって、コレがウマイ!!

熱いインドのお外でもナカナカ溶けて
垂れてこないので合理的。

---

近所の散策と言っても、
熱いので

DSC09632.jpg
鉄道の駅を遠くから眺めたり

DSC09654.jpg
露天をのぞいたり

でも、観光地じゃないので直ぐに飽きて
オフィスに戻る事に。

DSC09656.jpg
現地支社が入るオフィスビル

DSC09660.jpg
やっぱりゲートがあります

ここは結構厳重で、警備員が必ず
車両の下側もミラーで見てます。

DSC09662.jpg
オフィス内

規模が小さいので・・・
っていうか未だにブラウン管モニタって。

DSC09665.jpg
社長室(カッコイイ)

---

飛行機の時間が近づくと、
現地社長が空港まで見送りに来てくれました。
感謝感謝。

で、帰りも先輩のおかげさまで、
VIPラウンジに潜入する事が出来ました。

IMG_6772.jpg
手始めにスナックとビール

IMG_6778.jpg
いろいろな食事が全て無料!

IMG_6780.jpg
折角なのでカレーもすべて制覇

IMG_6776.jpg
ラウンジ最高!

あとは帰るだけなので、
飲みまくって搭乗。
(といってもグラス2杯)

DSC09668.jpg
インドよさらばじゃ

DSC09678.jpg
機内食その1

蕎麦うま~!
やっぱり最後は日本食

DSC09679.jpg
インド製アイスも出たり

DSC09680.jpg
ナカナカ良いです

DSC09689.jpg
機内食その2(朝方)

DSC09693.jpg
ヤッパリおにぎりでしょう


寝たり映画を見たりとしてるうちに、

DSC09685.jpg
だんだん夜も明けてきて


今回の出張も終了です。
今回の出張は正直、インドのごくわずかウワッペリ
しか感じれなかったので、次はもう少し深部へ。
(野良牛も殆ど見れなかったし)


皆様お付き合いいただきありがとうございます。


p.s.1 ターバンの人や眉間に赤丸を付けた人は殆ど見ませんでした。たまたま???
p.s.2 帰国後1週間、ウイルス性胃腸炎による下痢で苦しみました…オソルベシ


*******
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/06/28(土) 17:50:07|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外出張:インド(三日目)


さて、三日目です。
この日はムンバイからバンガロールへ移動です。

まずは、ホテルからムンバイの空港へ移動。
DSC09436.jpg
はじめて?見た信号機

一応、みんな守ってましたね。
(車とバイクのみ)


バスは大別すると2種類。

一つは窓が締め切って比較的綺麗な冷房バス。
多分、上流階級用。

もう一つは窓全開の

DSC09444.jpg
庶民バス

1:9でこのバスが多いです。

あと、

バイクの白タク?的なのが
多かったです。

DSC09468.jpg
ノーヘル・ニケツはアタリマエ

他にもこんな三輪車(四輪車?)も

DSC09486.jpg
日本では売れないであろうデザイン

そして出ました!
世界最安値の車
国内最大ブランドTATA社製

DSC09475.jpg
ナノ

思っていたより良くできてる感じです。
安全性とかは不明ですが。

あと、時々TOYOTAの高級ぽいSUVも
見かけました。(Fortuner?)

DSC09500.jpg
プラド的サイズですがチョット違う感じです


あとムンバイ含め至る所で

DSC09485.jpg
でっかいビルを建てまくり

中国もそうですが、
あんだけ広いのに、
何故か上を目指す(高いビル)んですね。

---

さて、2時間ちょっとのフライトを経て、
バンガロールへ到着。

DSC09508.jpg
空港外観

いや~一段と暑い、っていうか熱い!

雰囲気としては、石垣島を思い出しました。
温湿度が似てる?

DSC09506.jpg
空港内にはサブウエイも(おうべいか!)

DSC09507.jpg
日射しに当たるとクラクラするくらい

さて、ココから顧客までまた車移動です。

DSC09519.jpg
日射しがまた違います

みな日射しを避け木陰にいます。


なぜなら、赤道にとても近いからなんですね。
多分、私の人生で一番赤道に近づいたかも。

DSC09524.jpg
町中には携帯ショップもあり

DSC09525.jpg
何を売ってるのか判らない露天も多数

ちなみに、
インドではダッシュボードやルームミラーに
信仰系グッヅを飾るのが流行みたいでした。

DSC09541.jpg
我々のタクシーは大人しい方

画像は、
信仰する神と思われるアクセサリーを飾ったり、
(多分)ソーラーパワーで回るマニ車的なのです。

---

仕事を終え、
この日のホテルへ。

昨日のビジネスホテルと違い、
ワンランク上のホテルでした。

セキュリティも(日本人以外)厳重でしたし、
フロントの対応も一段と品のある感じ。

DSC09557.jpg
でも部屋は若干狭いかな

DSC09566.jpg
洗面台もオシャレ

DSC09567.jpg
欧米や日本の一流ホテルにも負けない

DSC09568.jpg
ただトイレは・・・

画像中央やや左の銀色の丸いボタンが
用足し後流すボタンなんですが、
スゲー固い。女性かむりじゃね~って感じ。

日本は暖かいしシャワー出るし、
それどころか勝手に蓋が開いたり閉まったり、
仕舞いには勝手に流してくれたり。
コレばかりは日本最高。

DSC09573.jpg
アイロンもあったり

DSC09575.jpg
傘とか兎に角イロイロ揃ってます

DSC09576.jpg
なにげにスリッパが嬉しい

---

さて、夕食は現地でもチョット高めの
レストランへ連れて行って貰いました。

DSC09577.jpg
現地のレップ(代理店)の人の車

TOYOTAのカムリだったかな?

近くに路駐した時可愛い犬が居たので
近づこうとしたら同行者から激しく警告をされました。

DSC09578.jpg
日本では根絶した狂犬病がココでは・・・

DSC09579.jpg
レストランの外観

高級車が多数乗り付ける感じ

DSC09580.jpg
出張時は毎回来るらしい

DSC09581.jpg
全ての階が違うレストランみたい

DSC09582.jpg
いい雰囲気のロビー

DSC09584.jpg
メニューブックからして高級

DSC09585.jpg
でも値段は安い

このページはベジタリアン用ですが、
ルピー≒円なので、ヤッパリ安いです。

辛さのマークが日本と同じなのには親近感。
でもヤッパリ内容は似てますね。

DSC09588.jpg
タンドリーチキン

DSC09589.jpg
チョット違うスパイスの魚

DSC09590.jpg
豆系の煮物

そしてヤッパリ、

DSC09587.jpg
キングフィッシャー!

この時は、
特にビールがキンキンに冷えてたので
美味しくて飲み過ぎてました。

その上、疲れも溜まっていたので
チョット気持ち悪くなってしまいました。

アラフォーのオッサンが何をしてるんだか。
イカンイカン、ハンセイ。

*******
関連記事
  1. 2014/06/22(日) 15:40:02|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外出張:インド(二日目)


二日目です。

といっても、
正確には初日のデリーからの乗り換えからです。

---

空港で1、2時間待って国内線に乗り込み、

機内食として、
ついに初カレーに遭遇。それがコレ

DSC09308.jpg
左が鶏、右が野菜のカレー(だったと思う)

で、感想ですが…
美味しいと思います。
でも、何かが足りない。

グルメな“味覚”を持ち合わせてないので、
正確な事は判りませんが、日本で言うところの
「ダシ」というか「コク」が足りない感じです。

これはこの後の料理全般にも言えるのですが、
和食の「ダシ・コク」ってスゴイ重要なんですね。

あと、

DSC09312.jpg
アイスinシャーベット

これも美味しかったです。
何となく濃厚さが足りない感じですが
(文句ばっかでスミマセン)

で、2時間程のフライトで、
最初の目的地である「ムンバイ」に到着。

DSC09320.jpg
ムンバイ!

DSC09321.jpg
クリケットが大好きらしい

全くルールが判りませんが。
上空から観るグラインド系は
殆どクリケット場っぽかったです。


涼しい空港を出ると、
高い温度、湿度、そしてクラクションの嵐。

IMG_6560.jpg
クラクションが挨拶代わりなのかも

そして、
現地社員が用意した車に乗り込むと、
有無を言わさず「瓶」が渡され、飲め、と。

その人肌に温まった瓶の中身は、ビール。
現地でも一般的な「キングフィッシャー」
(日本名:カワセミ)というヤツ。

現地ではトップシェアらしいです。

DSC09330.jpg
キングフィッシャー

味は日本の一般的なビールに
似て飲みやすいです。
(ぬるくなければ)美味しい。

栓抜きが無く開封に手間取ってる間も
(シートベルトの金具なので開封を試みるもナカナカ開かず)

DSC09346.jpg
車は爆走

車線もへったくりもなし。
邪魔ならバンバンクラクション。
ワイルドだろ~って感じです。

そんなハラハラで小一時間。
ようやく最初のホテルに到着。



空港から気付いてましたが、
治安が悪いのか人が集まるところには、
必ずセキュリティーゲート(金属探知機+警備員)
があります。

ま、このムンバイも2008年だかに
爆弾テロがあったんですが。

DSC09352.jpg
初日ホテルのゲート

その効果かスリなどはあまりなさそうで、
インド人も荷物をそこら辺におきっぱ。
(あれ?想定と違う)

ちなみに、白人、黄色人種も殆ど見かけず、
日本人と判るとチェックもかなり適当。
(親日バンザイ)

DSC09353.jpg
意外にこぎれいな

DSC09360.jpg
ホテルでたびの疲れを癒し

DSC09365.jpg
明日に備えます

DSC09367.jpg
トイレは独特

着座部の枠が細く大きく、
小柄な人はおしりが落ちる感じ。
脇にシャワーが(用途は???)

DSC09355.jpg
ザ・工業地帯の夜景

----

翌朝は

DSC09386.jpg
ホテル1Fの食堂でバイキング

DSC09380.jpg
こんなのや

DSC09384.jpg
こんなの

DSC09387.jpg
さらにこんなの

極力生っぽいのは避けました。

DSC09381.jpg
珈琲は旨い!

最初日本の粉末インスタント珈琲
みたいな香りがするんですが、
飲むと深みのある美味しさです。

店員も教育の行き届いた感じで、
しかも親切で気持ちよく滞在でしきました。


----

ホテルからは

DSC09390.jpg
スズキのミニミニバンで

ちなみに、
インドにはトヨタとスズキの工場があるそうで、
沢山見かけました。

顧客では、
通常「商談」って細長いテーブルの両側に
自分らと顧客が向かい合ってビジネスの話をするんですが、
最初はこんな感じに講演形式に。
(顧客が来る前に撮影)

DSC09395.jpg
想定と違ったので緊張しました

休憩時間は専用休憩室があり

DSC09397.jpg
紅茶と

DSC09399.jpg
お菓子が

標準で用意されていて感動。
お金のある顧客だからか?
スバラシイ。

ただ、紅茶が激甘。
更に、

IMG_6590.jpg
追加用砂糖もあり

恐るべし!

遅いお昼は顧客の食堂で

IMG_6626.jpg
オシャレ(ペプシ勢力がスゴイ)

DSC09401.jpg
チキンカツバーガーを

ちなみに、食卓にあった水を飲もうとすると
皆に「ダメッ」と止められました。

「フィルタードウオーター」だから止めておけと。

つまり簡単に濾過しただけで日本人には
飲めないレベルだとか。ウムムム。

----

ちなみに日中は35℃超。
最近の夏の日本も同じレベルなので
何とか耐えられますが、

出国時は20℃以下だったので、
ナカナカのヒートショック。

IMG_6635.jpg
この日のピークは38℃!


また、
通信事情がもう一つでした。
まもなく4Gが始まるとの事でしたが、

大半は2G、時々3Gと、
懐かしい遅さです。

IMG_6614.jpg
成田で借りたルーター(中国製)


---


色々あって、無事一日も終わり、
現地社員らと簡単な食事会。

場所はホテル内のチョット高そうなレストラン。

私の希望で、
現地の一般的な食事をリクエスト。

結論としてはどれも美味しい!
でも、何となくみんな同じ味?!

カレーに続く(より上?)ポピュラーな料理の

DSC09420.jpg
タンドリーチキン

基本日本で言う辛口~大辛口レベルです。

DSC09421.jpg
豆や魚や鶏のカレー

DSC09423.jpg
ナンとロキ

違いがよくわかりませんでした。
パウダー(粉)が違うんだとか。

ま、美味しければ何でもOK。
(グルメレポート向きではないな)

DSC09429.jpg
〆はアイスとシロップが染み込んだカステラみたいの

ナカナカの強敵です。
つまり激甘です。

部屋に戻ると、
日本人(私、先輩、現地社長)だけで
部屋のみ。そこには勿論

DSC09412.jpg
キングフィッシャー!

ヤッパリ冷えてると美味しいです。


******






関連記事
  1. 2014/06/15(日) 14:11:06|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外出張:インド(初日)



このネタで何回(4回?)かヒッパリます。
興味のない方はごめんなさい。

Map.gif
この国への出張のネタで

さて、海外出張ですが、
実に6年ぶり。

分類としては「南アジア」と言うらしいのですが、
そもそも、この地域としても初めてです。

今まで仕事で訪れた事がある国は、
イギリス、ベルギー、ポルトガル、中国と
5カ国目になります。



感想としては、

(本当にさわりの部分しか触れてませんが)
構えていたほど悪い印象はないというか、
魅力的な国ですね。
何より「親日国」だし。

魅力に取りつかれる人が
いるってのも判る気がします。

でも、帰国後一週間、下痢地獄でしたが…


また行くか?と言われると、
いってもイイかな~と思う。


ただ、唯一最大の問題は、
インド英語が微塵も理解できなかった事
それってダメダメじゃんって感じですが。


自分の英語には自信がある…
とまでは言えないけど、

そこそこ通じるレベル
だと思っていたんですが、

この国の人が喋る英語は完全な亜種。
ま~~~~~ったく、泣きたくなるくらい。

結局、私の英語は通じるが、
顧客の英語が判らないという
一方通行で仕事にならない。
ヤレヤレ。

同行の人に何度もヘルプを出す羽目に。
(情けない)


さて、
今日は出国から入国まで。


DSC09205.jpg
空港までは「N'EX」に

私はいわゆる「鉄(鉄道マニア)」
ではないのですが、
これ、格好いいんです。

乗れるのが結構嬉しい。
羽田が近くて便利なんですが、

このフロントマスクから内装、
乗り心地、全てが好きです。
なので成田便でもイヤではない。

ここでマズ、
テンションが上がります。

楽しい時間はあっという間。

DSC09211.jpg
直ぐにチェックイン

午前11時出発ってのは丁度良い時間です。
朝も早くなく。



今回ラッキーだったのは同行の先輩が
サクララウンジを使える人だったこと。

調べると何だかエライ大変な資格が必要と。

DSC09213.jpg
サクララウンジ入り口

我々庶民はナカナカは入れないゾーンです。

DSC09214.jpg
中はこんな感じ

DSC09215.jpg
窓からは駐機場の飛行機が

マニアには(私)たまりません。

DSC09216.jpg
これがサクララウンジ

何でも飲み放題!

DSC09217.jpg
ビールも飲み放題

DSC09218.jpg
お酒類も飲み放題

DSC09219.jpg
ジュースも

で平日午前中だし、
無料WiFiネットワークもあるので、
仕事でもしようかと思ったのですが、
隣を見ると同行の先輩が速攻飲みまくってるので、

DSC09220.jpg
私も

これで結構酔いました…


---


そして搭乗。

DSC09227.jpg
もちろんエコノミー

ウチは部長クラスでもエコノミー。
ナンカ夢がないなぁ~。

でも、みんな自分のマイルで
アップグレードしてるみたいですが。

DSC09228.jpg
座席は窓際の主翼後方

DSC09253.jpg
ちなみに3席を独占!

直行便といっても平日は
流石にこんな感じらしい。

早速飲み食いスタート(だから痩せない)

DSC09251.jpg
何とスバラシイ全てタタ!

さっきの酒で酔ったので、

DSC09247.jpg
コーラと

DSC09249.jpg
スナック

映画も沢山あり、
観まくりました。

で2時間くらいすると

DSC09252.jpg
メシ!

味はまあ、普通でした。

感動したのは
DSC09261.jpg
ハーゲンダッツ!!

DSC09262.jpg
珈琲も飲めて最高

皆さんが仕事してる間に快適…
と思ったのは最初の数時間。

結局11時間も乗ると疲れるし飽きます。

ご飯~ご飯の時間があるので途中腹が減るので、

DSC09269.jpg
追加でスナック

途中、初めて
DSC09273.jpg
ヒマラヤ山脈をみました

がよくわかりませんでした(笑)

搭乗して8時間くらいしたらやっと2食目。

DSC09288.jpg
上品な感じですが味は普通でした

因みに先のGPSロガーは
DSC09295.jpg
フロントポケットに入れててもダメでした

DSC09268_20140607213620846.jpg
入国審査の書類を記載してると

ようやく目的地へ。


着いたら早々にトランジット。

あまり写真を撮る余裕が無かったので
歩きながらのスナップ

DSC09297.jpg
こんな所でユックリしたかった

DSC09298.jpg
お~違う国に来たって感じ


続きは次週!

関連記事
  1. 2014/06/07(土) 21:37:11|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GPSロガー ( GT-600 )



出張用機材調達ネタの最後はコレ。

DSC08838.jpg
GPSロガーのGT-600

これは何をするモノかと言うと、
移動した履歴を残すモノです。

イマドキ、iPhoneなどのスマホでも
同じ機能があるのですが、バッテリーを
消費してしまうので専用を調達した訳です。

結論から言うと、値段なりかな~悪くは無いけど、
オススメとは…

メリットは

●安い(7千円くらい)
●バッテリーが持つ(2~3日は余裕)
●防水
●コンパクト


イマイチなのは

▲ちょっと古いSiRF StarIIIを使ってるので感度がイマイチ
▲コネクタが汎用的でなく壊れやすそう

です。イマイチと書いたのはiPhone内蔵GPSの感度が良すぎるから。
航空機内では窓に押しつけてないとダメでした。(それでも時々ロスト)

以下、開封の議。

DSC08826_2014060115485561d.jpg
こんなクッション封筒で納品

DSC08828_201406011548577e5.jpg
吊しパッケージ(表)

DSC08829_2014060115485822d.jpg
パッケージ裏

DSC08830_20140601154900fcb.jpg
開くと

DSC08831_20140601154854506.jpg
もう一つ開くと

DSC08833_2014060115490602b.jpg
本体表

かさのある消しゴムくらい

DSC08834_20140601154907228.jpg
裏面

付属のシリコンジャケットを着けてます

DSC08835_20140601154909030.jpg
問題の本体とUSBケーブルを繋ぐコネクタ

ボタンでロック解除とかではなく、
力づくの解除なのでいつかは爪が折れそう。
ナンテ設計でしょう。

DSC08836_201406011549105fe.jpg
反対は普通のUSB


GPS_log.jpg
結果一例

国内移動はデータが旨く取れず。
現地での移動は何とか取れました。


どうしてもデータが飛び飛びなのがイマイチ。
素直にiPhone使えばヨカッタかな…


******
関連記事
  1. 2014/06/01(日) 16:17:41|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0