物欲父さんの子育て

ガジェットが大好な普通のサラリーマン。 手に入れた小遣いを音速で使い切るのが特技。子育てを隠れ蓑に物欲父さんが走る…だいたい週末に更新します!

カメラバッグ : lowepro Flipside 300




さて新しいカメラは、
プロが常用する圧倒的な性能であると同時に、
サイズもナカナカ・・・つまりデカイんです。

compare_20141025173437a8b.jpg
こんな感じ(特に高さ方向が効きます)

で、何が起こるかというと、
今まで使っていたカメラバッグの大半が
使えなくなってしまったんです。

本体を買うことに集中して迂闊でした。

いくらタフな機材とはいえ、
裸で持ち歩くのは気が引けるので
急遽コレを購入。

lowepro社 の Flipside 300

Flipside300_left.jpg
lowepro Flipside 300

だいたい14,000円くらい。
尚、値札は18,000円と書いてありますが、
ネット価格まで下げてくれました。


安くはないですが、大切なカメラを運ぶには、
ある程度信頼性のあるメーカでないと。

コレを選んだ理由は3点。

【1】横幅がスリム -----

  混み合う会場で横幅があると人にぶつかり
  機動性が損なわれる為。


【2】70-200f2.8が装着したまま収納可能 -----

  常用レンズセットが直ぐ出して
  直ぐ撮れるってのが理想なので。


【3】持ちやすい -----

  背負ってばかりではなく、
  手で持ち上げる事も多いので、
  上部の大きな取っ手が凄く便利。


結果、以下が(若干無理矢理ながら)収納でき、
でも外観は、まあまあコンパクトで大満足です。

・ボディD4s
・レンズ(1)70-200mmf2.8
・レンズ(2)24-70mmf2.8
・スピードライトSB-800
・その他小物類

更に背面に三脚(中型まで)も。

DSC09327.jpg
外観

意外なのは、
開閉部が人の背中に接する側なんです。
なので、ジッパーが壊れても機材を撒き散らす心配なし。
また、治安の悪い国でも後ろから機材を抜かれる心配もなし。

DSC09330_20141025022222849.jpg
他の縫製は問題ないが大事なタグだけナンカ雑(笑

DSC09331.jpg
こちら側が(ほぼ)フルに開きます

DSC09332.jpg
仕切りはある程度自由に調整できます

DSC09333.jpg
主要機材を入れるとこんな感じです

上部は小物ポケットで予備バッテリやケーブルなど
結構イロイロはいります。

で下の左側には予備レンズ、右側の細いところに
(無理矢理)スピードライトを入れられます。

背負った時の左側はメモリカードホルダや
カギホルダ等々使えます。

右側はドリンクホルダーに使えるメッシュポケットです。

DSC09334.jpg
ちなみにサイズ的にはピッタリだと思いこんでいたんですが…頭がチョット出てる

若干ペンタプリズム部が高かったんです…泣

D4sの高さ:156.5mm
収納の内部高さ:138mm

だって商品説明に
--------------------------------------------------------
「80-200mm f2.8ズームレンズを装着したプロ用デジタル一眼レフカメラ」
--------------------------------------------------------
って書いてあったんだもの…

っていうか、

Canonのフラグシップ(D4sと同じプロ用)だと、
「163.6mm」だから、もっと飛び出るんですけどね~
文言の修正か注釈が必要だと思われ→ハクバ殿

でもまぁ、
柔軟性に助けられ、D4sでは何とか大丈夫でした。


結論、総合的に見て満足です!!


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/10/25(土) 18:25:32|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D4sの作例



今週はD4sの作例です。

DSC_0055.jpg
DSC_0113.jpg
DSC_2115.jpg
DSC_2111.jpg
DSC_2112.jpg
DSC_2125.jpg

普通に撮るとFXフォーマット(35mmフィルムサイズのCCD)では
文句などあるはずもなく!

更に、チョットくらい所でのスポーツ(格闘技)撮影では、
ISO12800でこんな感じです。

フィルムの時代を知る人間には1600からの増感なんて
ノイズの中から被写体を探すって感じでしたが、
時代は変わりました。

DSC_1645.jpg
DSC_0231.jpg
DSC_0142.jpg
DSC_1862.jpg
DSC_2450.jpg
DSC_2497.jpg

すごい!


成功率も格段に上がり、
撮影が楽しくて仕方ありません!


*****
関連記事
  1. 2014/10/19(日) 21:07:43|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D4s (買ったど~!)


前回もふれましたが、
Nikonのデジタル一眼レフの最高峰、
プロ御用達のこの機種をついにゲット。

D4s_20141012085400089.jpg
その名も「D4s」!

先に結論を書きますが、
言うこと無し!アタリマエですが。

何故アタリマエかというと、
世界中のプロが使ってるから。

プロが使う=最高の要求に応えられる、
最高の信頼性があるから。

でも、唯一、小さい不満は・・・

▲無線LANを搭載してない
▲GPSを搭載してない
▲背面液晶のプラカバーがない

です。小さいことですが、私には大きい。

上2項目、
iPhoneにも入るサイズなのに、
なぜD4sに搭載できないのか。

甚だ疑問です。値段も高いので、
コスト的にも問題ないと思うし。

更にカバーに至っては、何故ケチる?
カバーのある安心感はハンパナイ。

とブツブツ書きましたが、
最高性能に鳥肌が立つ満足感!!!



以下、開封の技


DSC09156.jpg
ニコンの金色梱包がたまりません

DSC09157.jpg
型番の立体感が最高

DSC09158.jpg
失神しそう!

DSC09159.jpg
マズ開けると

書類とストラップが。
勿論、いずれの下取りの為に、
ストラップは使いません。

お気に入りのクランプラーの
ストラップ
もあるので。
命名センスが疑問ですが(笑)

DSC09161.jpg
その下に御本尊が

DSC09163.jpg
梱包一式

高いワリにシンプルです。

DSC09164.jpg
書類一式(左上のリモコンは関係ありません)

これは無駄に多いような

DSC09165.jpg
分厚い取説

イマドキは、スマホに専用アプリで
ダウンロードするので全く読みません。
持ち歩くには重いし。

そして美しい御本尊を
DSC09180.jpg
DSC09181.jpg
DSC09179.jpg
DSC09182.jpg
DSC09185.jpg

DSC09171.jpg
テッペンのフラッシュシュー部は

DSC09172.jpg
カバーが付きます

徹底した防水防塵のために。

DSC09166.jpg
大きさが気になる充電器

バッテリーは大きくてOKですけど。

DSC09168.jpg
2個を充電の為のサイズ

DSC09169.jpg
もう少し小さくてもいいかしら~

そして、上でもふれた液晶カバー。
下位機種みたいに取り外せるのがヨカッタのですが、
適当なのが見あたらずコレを購入。

DSC09188.jpg
結論は問題なし

DSC09189.jpg
貼るのも難しくはない・・・

DSC09190.jpg
けど説明が不十分

DSC09192.jpg
液晶部分は空間があるらしかった

が押し込んでしまい中央が

DSC09193.jpg
無理矢理戻しセーフ

DSC09195.jpg
存在感が無くスッキリして好印象

次にメモリーカード

DSC09196.jpg
サンディスクはWebでイロイロ問題を見かけたのでレキサー

DSC09198.jpg
安い並行輸入品で偽物を心配しましたが大丈夫そう

DSC09199.jpg
金色が綺麗

DSC09204.jpg
今や珍しいコンパクトフラッシュ

DSC09203.jpg
お陰で入手性が若干難しい

問題はもう一つのスロット。
XQDカードっていうマニアックな規格。

性能を追い求めたのでしょうけど、
市場には殆ど出回らずこれが更に入手性が。

DSC09205_2014101208460188c.jpg
スロット(D7000の様に不用意に開くこともなく)

DSC09206.jpg
一番新しい24-70mmf2.8との姿が最高(ストラップも一緒に)

---

おまけ。
高額商品を買う時の緊張の図。

IMG_7880.jpg
左に札束!

トレイには札束を10万円毎に止めてたクリップ(笑)

激暑の都心へ、
ヘトヘトになりながら買いに行ったんですが、
心はハンパ無くウキウキでした。

ま、ニコニコ奥様ローンが半年残ってますが・・・


*****
関連記事
  1. 2014/10/12(日) 09:41:39|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D7000を里子に、そしてフラッグシップ・・・


2011年の晩秋に我が家へ来たD7000
今回、その子を里子に出すことにしました。

D7000.jpg
D7000

この子は(も)とっても優秀でよい子でした。
超絶の信頼性で私の要求に確実に答え
働いてくれました。

3年近く激しい戦場を一緒に戦ったので、
愛着もありましたが、思うところ有り、
今回、里子に出すことに。



もともと里子に出すことを想定して、
梱包箱や付属品は超綺麗に保存してました。

DSC09146.jpg
ストラップなどは未使用

DSC09147.jpg
丁寧に使ったので

DSC09149.jpg
状態も

DSC09150.jpg
とても綺麗です

傷つきやすい液晶カバー(プラ)は

DSC09148.jpg
更に保護シートを貼り保護



結果、下取り価格はほぼ最高ランクAで。
「完全未使用」が本当の最高ランクのAAってのですが、
Aは使ってるモノでは最高、というヤツです。


そして、新しい子はフラッグシップ。
通称、「一桁」機種。

「一桁」機種としては、2005年に購入し、
その後、里子に出したD2x

d2x_20141005084942f17.jpg
D2x(当時40万円超)


そして、23台目となる今回は…

DSC09184.jpg
じゃじゃ~ん!!!

お値段は…秘密です(笑)。
前回より10万円以上高かったんです。
市場最安値だったにもかかわらず。

ちなみに、
長期間、小遣いを貯めて貯めて貯めて貯めて、
それでも半分しか貯まらず、
結局、ニコニコ奥様ローンを組んで返済中。
(来年まで)

追々、詳細はレポートしますが、
プロが使うフラッグシップだけあって、
ローンを組んでも買う価値有り。大満足。

唯一の不満と言えば、無線LANが非搭載な事くらい。
しかも外付け無線モジュールが5万円近くする…
…RX100M2買えちゃうじゃん(T.T)


続編、お楽しみに!


関連記事
  1. 2014/10/05(日) 09:26:17|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クライミングウォール「ピナクル」@グランベリーモール

※更新が遅れて申し訳ありません!


===

今回も息子は参加してくれず・・・寂


「世界の果てまでイッテQ!」という番組を見ていて、
夫婦でクライミング(ボルダリング)をやってみたいという話になり、

イロイロ調べた結果、時々行くココで安く出来ることが判り、
早速。それがココ、

DSC00606.jpg
モンベル グランベリーモール店

実は高所恐怖症の私ですが、
結論としてはとても楽しいです!
(怖いは怖いけど)また、行きたい。

DSC00590.jpg
まずはチケットを買い時間を予約します

他の本格的な施設は数千円とかするので、
ここは気軽に体験できます。

DSC00607.jpg
結構小さい子も出来そう

既に小学校低学年っぽい子供達が
スイスイと登ってたり。



で、時間があるので、
一旦駅の方へ向かい食事。

DSC00594_201410011936160aa.jpg
ナゼカアマイモノバカリ…

DSC00597.jpg
チョット甘かった

DSC00600.jpg
だいぶ甘かった

DSC00599.jpg
こういうのがホントは適切

---


でいよいよ・・・

DSC00593.jpg
ヤベッ、ナンカ高い

DSC00592.jpg
おっとっと

この時点で、
ちょっと「ギブ」って言おうとしてる
自分も居たり居なかったり(笑)

---

そうこうしてるウチに、
専用の靴を履かされ(受動的思考)

DSC00612.jpg
きつめの専用靴

ひきつりを気付かれないようにヘラヘラしてると

DSC00613.jpg
ハーネスも装着(あれ~)

DSC00610.jpg
と思ったら妻が先陣を切って

DSC00630.jpg
あれよあれよと(終了~!)

あ~来てしまった、私の順番

まず、低地で下り方を練習
特殊部隊で良く見るアレ。

DSC00636.jpg
ラペリングっていうらしい(多分)

これ、ナカナカ難しいんです。

そしてイヨイヨ

DSC00637_2014100119365193a.jpg
超へっぴり腰(爆)

マジでこの時点でかなりビビってます。

人生で数回しかない変な汗をかきながら、
中盤では後悔の念が雪崩のように。

DSC00645.jpg
でもなんとかゴール!

達成感と恐怖感でおかしなテンションに

そして練習したラペリングで降りるも、
ビビってしまい身体を岩にぶつけまくり。
妻は失笑。

---

登頂祝いに

DSC00655_201410011936576f6.jpg
すいーつ!

DSC00656.jpg
スイーツ!



DSC00658.jpg
帰りに駐車場から見た景色


また行きたいです。





---
関連記事
  1. 2014/10/01(水) 21:05:00|
  2. 家族イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0