物欲父さんの子育て

ガジェットが大好な普通のサラリーマン。 手に入れた小遣いを音速で使い切るのが特技。子育てを隠れ蓑に物欲父さんが走る…だいたい週末に更新します!

特定小電力トランシーバー (UBZ-EA20R)



以前も持っていたトランシーバー。
免許のいらないタイプのヤツです。
正式には「特定小電力トランシーバー」
と言うそうです。

で、今回はケンウッドという老舗の「UBZ-EA20R
を買いました。撮影時に指令を受けるため。

で、結論ですが、買いです!!!

具体的な用途ですが、
大会撮影時に複数のコートがあると、
重要な組み合わせを撮り逃すので、
高い位置から妻に見て貰いながら
指示して貰う、って感じです。

コレのスゴイところは、
●単三電池1本タイプで省電力&軽量(普通は単三3本)
●エネループ対応
●でも、見通しなら間違いなく通話可能
●携帯みたいに電波の強さが表示される
●信頼のケンウッド製だけど1万円/個と手頃
です。

実際使ってみましたが、
会場を離れ地下駐車場まで通話できたのには驚き!

何より、従来は単三電池3本も必要なので、
1ペア2個だと6本も用意する必要があるのに、
コレは2本。なんて楽!!

DSC01461.jpg
今回は1ペア

DSC01465.jpg
梱包正面

DSC01467.jpg
梱包裏面

DSC01468.jpg
一式

DSC01471.jpg
クリップと誤脱防止カバーと本体

DSC01474.jpg
クリップは軽量だけど超シッカリ

DSC01475.jpg
簡単に壊れない感じで安心

DSC01479.jpg
ねじでシッカリ固定

DSC01473.jpg
正面

以前持っていたのも、まあ小さい方でしたが、
更に小さい!

DSC01483.jpg
側面の通話時に押すPPT(Push to talk)ボタン

DSC01484_2015091906214518b.jpg
上面(実にシンプル)

DSC01488.jpg
下面の電池蓋開放状態

単三が入るφということを考えていただければ、
本体が如何に小さいか。

今回の通販ではサービスでイヤフォンマイク(非純正)が
付いていて、そのマイク兼PPTボタン部が

DSC01493.jpg
この黒いの

いわゆるSPが使ってるように、
袖口に引き出して咳をするように、
コソッと口に近づけて目立たず会話が出来ます。

で、付属品としてこの様なイヤフォンやマイク類の
誤脱を防止するカバーがあるのですが、

DSC01497.jpg
非純正品なので取り付けられず(やむなし)

DSC01499_20150919062144dbc.jpg
これが使用状態

繰り返しますが、本当に便利です。
今時、この周波数帯を使う人は
道路工事の誘導の方くらい、
電波はガラ空き。混信は皆無。

携帯とか普及してますが、
撮影時に画面を操作する事は難しく、
ヤッパリコレは便利だと再認識!


ツーリングとか登山でも使えそうですね。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/09/19(土) 06:40:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息子が眼鏡男子に



なっちゃいました。
いつかは…と思ってましたが。

目の前の知人を探せない状況を
目の当たりにして、コレはヤバイと。

IMG_0840.jpg
早速はやりの安い眼鏡屋さん(私も愛用)

DSC01400s.jpg
私好みのデザイン

これで、
イケメンの眼鏡男子に(親ばかすみません)

IMG_0910s.jpg
日々10kgのダンベルを軽々振り回す最強男子でもあります(親ばか)



関連記事
  1. 2015/09/12(土) 16:51:05|
  2. 家族イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクションカム:HDR-AZ1(SONY)


こんな野を買いました。
芸人がバンジーとかやるときに頭に付けたりするアレ。

HDR-AZ1VR.jpg
SONYのHDR-AZ1(腕モニタ付き)

結論:チョーおもしろい!

値段は3万円ちょっと。
腕時計型のモニター兼リモコンがついて、
ハイビジョン画像でこの値段は凄いです!

GoProも考えましたが、
同じセットアップだと
あちらはちょっと高めになります。

DSC01331.jpg
がんばれ山田

ネットに対抗してくれました。

DSC01332_20150905070208b3e.jpg
今回は予備バッテリセットやメモリも

保護フィルムは形状が違いましたが
サービスしてくれました。

DSC01335.jpg
モニタセットの梱包

DSC01336.jpg


DSC01338.jpg
反対の横側

DSC01337.jpg
裏面

DSC01342.jpg
モニタ部

DSC01340.jpg
カメラ本体(奥は防水パック)

DSC01359.jpg
先にココが外れます

DSC01360.jpg
つづいてモニタからの付属品

DSC01361.jpg
付属品の箱

DSC01362.jpg
付属品一式

実に色々入ってます。
GoProだと、これらの多くが別売なんですよね。

DSC01363.jpg
局面が違う固定治具(平らと局面)2個も

DSC01364.jpg
ご本尊は

DSC01365.jpg
ココを開けて

DSC01366_20150905070242ff1.jpg
バッテリを入れます

DSC01367.jpg
後右上にmicroUSB

ここでデータを落としたり、
充電も出来ます。

DSC01368.jpg
右下はmicroUSBポート

で、私はどう使うかというと、

IMG_0798.jpg
ココに付けて静止画と同時に動画も

欲張りで二頭を追うモノ、
とはいいませんが、

望遠で追う被写体に対して、
超広角レンズなので、
本当に記録程度ですが。

ちなみに、手ぶれ補正も付いていて、
ON/OFFで画角(焦点距離)が違います。

手ぶれ防止なし:f=17.1mm(170°)
手ぶれ防止あり:f=21.8mm(120°)

17mmって本当に超広角なんです。


あと、手ぶれ補正機能は、
この値段とサイズから期待した以上の効果です!!

※細かい仕様はWebで確認ください。



ちなみに附属してる防水パックは、
私の使い方では必要ないので使ってません。
裸の状態でもソコソコの防水もあるので。


*****
関連記事
  1. 2015/09/05(土) 17:42:32|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0