物欲父さんの子育て

ガジェットが大好な普通のサラリーマン。 手に入れた小遣いを音速で使い切るのが特技。子育てを隠れ蓑に物欲父さんが走る…だいたい週末に更新します!

カメラバッグ:ルフトデザイン リッジ ショルダーバッグL(HAKUBA)



カメラバッグはいろいろいろいろいろいろ買いました。
高いのから安いのから。で、結局、これに落ち着きそう。

HAKUBAのルフトデザイン リッジ ショルダーバッグL

値段はアマゾンで5千円ちょっと。
値段から正直期待してなかったんですが、
ちょうど良い収納容量と形状、シッカリ感に愛用中。

DSC04268.jpg
amazon!

DSC04269_20160129203941640.jpg
一応ビニールに入って

DSC04271_20160129203942001.jpg
極めてシンプルな外観が良い

DSC04272.jpg
正直知らないブランドですが

DSC04273_201601292039387f4.jpg
兎に角収納能力が高い

DSC04276.jpg
値段を超えたクオリティ

DSC04277.jpg
ブランドなんて気にしない

DSC04279.jpg
主力の装備がパッと出せるのが良い

具体的に何を入れてるかというと、

nikonD4_70_200.jpg
nikon_24_70.jpg
50f18.jpg
pj760.jpg
hdr_az1.jpg
SIRUI_P_306.jpg
macbookair_2013.jpg
こんなのを入れてます

他にも備品・ケーブル類などがサイド・ポケットに入って
イケテマス!!!


これはホントおすすめ。


唯一、肩掛けベルトと本体をつなぐ樹脂製の楕円リングが捩れやすく心もとない

DSC05053.jpg
実用上は全く問題ないので見ないことに(笑)

アバターモエクボ??
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/30(土) 19:24:45|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナ録(GV-VCBOX)


★先週更新を忘れてしまいました…大変申し訳ありません(^^ゞ


さて、私のように静止画を激しく撮影・保管する人間は
当然、動画も山ほど撮影・保管してるわけですが、
時代によってメディアは日々変化します。

そこで問題となるのは古いメディアは再生機材が
生産中止となって再生できなくなるんです。
更に、メディア自体も当然劣化します。

なので、
コレを使って電子化しHDDに一括保存することを考えたわけです。

anaroku.jpg
アナ録(GV-VCBOX)

結論として、コレはいいです!オススメ!

電子化することで気軽に再生もできるし。
皆様もドンドン電子化しましょう。

良いポイントはPCを使わないスタンドアローンで処理ができること。
こういう製品は基本PC経由よりパフォーマンスが高いし、
エラー等コンフリ(他のソフトとの相性でうまく動かない)もなく、
更にPCで他の作業ができるので便利です。

何より、使い方が簡単で分かりやすいのが良いです。

唯一残念だったのが「手ブレ補正機能」が
機器を使った再生時のみだったこと。

普通、画像取り込み時に同時に手振れ補正もしてくれればいいのに、
何故??????????商品企画者と設計者のセンスを疑う訳で。

これが使えれば120点満点だったんですけどね。

以下開封の儀。

DSC04251_20160122192646277.jpg
DSC04252.jpg
DSC04253.jpg
DSC04254.jpg
DSC04256.jpg
梱包箱は想定サイズ

DSC04257.jpg
内容一式

DSC04263.jpg
ご本尊

必要最小限で分かりやすいです。

DSC04260.jpg
裏面

DSC04262.jpg
端子面

DSC04261.jpg
カードスロット側

DSC04264.jpg
日付用バッテリーは付属

絶縁プラを取るとすぐ使えます。

DSC04266.jpg
端子は一般的なの

DSC04265.jpg
ACアダプタ

コンパクトです。
5Vの1.5Aなので、モバイルバッテリーなどを改造すれば
外でも使えそうです(使う必要はないけど)


手振れ補正がつけば最高にお勧めです!








関連記事
  1. 2016/01/22(金) 19:56:42|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドライブレコーダ:DRY-FH330(ユピテル)




加齢と外傷性によるストレスから
視力が衰えはじめて久しいので、
運転には細心の注意を払ってます。

でも、事故は自分が100%悪くなくてもおこるもの。

なので、事故を客観的に記録することが
必要だな~と常々思っていたわけで、
いろいろいろいろ調べた結果、
この機種にたどり着きました。

結論としてはいい買い物でした!

それがコレ。

lineup.png
ドライブレコーダ:DRY-FH330(ユピテル)

値段はちょうど1万円くらい。

選択条件としては、

 ●モニタがついてること(画角確認のため)
 ●値段が1万円程度
 ●前方車のナンバーが読み取れる
 ●取り付けが楽

で、これらを満足してます。
実際の動画はネットにたくさんあるので、
そちらを見てください。

DSC03899.jpg
パッケージ

DSC03900.jpg
パッケージ

DSC03902.jpg
パッケージ

DSC03901.jpg
パッケージ

DSC03906.jpg
開封状態

DSC03908.jpg
内容一式

なお、
記録用のMicroSD(4GB)は付属、
というか本体に装着済みです。

DSC03909.jpg
ご本尊正面

DSC03912.jpg
ご本尊下面

DSC03910.jpg
裏面

画面は申し訳程度ですが、
画角はちゃんとわかるのでやっぱり便利。

DSC03911.jpg
側面事故時に記録を別ファイルにするボタン

DSC03913.jpg
メモリ装着側

DSC03914.jpg
電源ポート側

DSC03917.jpg
カー電源

これが少しデカい。
もう少し小さくしてほしいです。

DSC03918.jpg
カー電源側面

1Aなので中々喰います。

DSC03915_201601100840426b1.jpg
フロントガラス取付具

シンプルですがシッカリしてます。

DSC03916.jpg
別角度から

ねじを緩めると比較的自由に
角度が変えられますが、
ある程度制限はあり。

DSC03919.jpg
電源端子ミニUSB

取り付けはいたって簡単。
運転席側から見てミラーの死角付近に取り付け、
ケーブルはフロントガラスの窓枠に沿って引き回せば完了。

あとはエンジン始動と同時に記録が始まります。

オススメです。

関連記事
  1. 2016/01/10(日) 14:11:48|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スティックタイプ「ビアフォーマー」|GH-BEERC-WH



あけました、おめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

年末は大会やら冬期講習?やら大掃除やらがあり
結局、更新できず申し訳ありません~

さて、新年最初はこちら。

居酒屋のビールサーバーで注がれた
クリーミーな泡のビールを家で飲みたい!
という方にお勧めです。

簡単に言うと、そそがれたビールに突っ込んで、
スイッチを入れると“その”状態に!

DSC03860_20160101093510e7a.jpg
パッケージ裏表

DSC03861.jpg
パッケージ左右

DSC03866.jpg
中から半透明の袋に入ったご本尊

DSC03868_20160101093515c71.jpg
ご本尊

DSC03871.jpg
底面をねじると

DSC03872_201601010935250b7.jpg
単四電池2本を入れ

DSC03873.jpg
スイッチを入れればOK

明るい環境で「ON」の状態が分かりずらい
薄暗い緑色の発光です。もう少し明るくても…

DSC03875.jpg
ビールに先端部を挿入し

DSC03876.jpg
ONにすると超音波振動が起こり周りから泡が

DSC03877_201601010935349e9.jpg
あっという間にクリーミーな泡が!

兎に角素晴らし。

あえて注意点を書くと、

●泡があふれるので最初は少なめに
●泡立てた後の本体を置く皿やコップを用意すべき
●動作確認LEDが暗いしスイッチが接触型なので分かりづらい

でも、美味しいし、飲み会などでうけます!
値段は3千円程度。お勧めです!

※もう少し自立するデザインだとよかったかなぁ~

関連記事
  1. 2016/01/01(金) 09:51:25|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0