物欲父さんの子育て

ガジェットが大好な普通のサラリーマン。 手に入れた小遣いを音速で使い切るのが特技。子育てを隠れ蓑に物欲父さんが走る…だいたい週末に更新します!

モンベル:パワー ヘッドランプ #1124586



師走でもないのに、おまけに先生でもなんでもないのに、
既にいろいろ忙しく…と言い訳。

更新できず申し訳ありません。

時々しか登らない山道具をツイツイ買ってしまうのが、
物欲にまみれた私。

で、今回は先の折りたたみ椅子に続き、
ヘッドランプを購入しました。

元々ライト類は大好きで、
コレクションも相当(マジ相当)あり、
今更感もあるのですが、

御存じの人は御存じの通り、
懐中電灯は青色LEDが実用化されて以降、
日進月歩な訳で、モンベルも、例外ではなく。

で、モデルチェンジし高出力化したのを
買ってしまいました。

結論としては、非常にGOOD!

昨今、同じ程度の重さと明るさのヘッドランプは
巷に溢れてますが、アウトドアブランドとして
30年以上の信頼と実績があるモンベルは、
たとえOEMとて、信頼性は検証してる筈ってことで、
これは超絶お勧めです!

真っ暗な山でもこれ一個で十分行けます!

それがコレ。

mbph.jpg
モンベル:パワー ヘッドランプ #1124586

あえて欠点(というほどでもないけど)としては、
電池が単四3本と、単三1本主義の私としてはアレですが。


DSC06520.jpg
吊るし系のパッケージ

DSC06522.jpg
その裏面

DSC06523.jpg
一式

DSC06524.jpg
ご本尊

DSC06525.jpg
本当に軽くて素晴らしい

DSC06526.jpg
電池室もシッカリ

DSC06528.jpg
パッキンが施され

DSC06529.jpg
安心です

DSC06530.jpg
ロックも硬めでシッカリ

DSC06531.jpg
今まで愛用の単三1本モデルの旧型(だいぶ傷だらけ)

これでも必要最小限で良く出来てますが、
真っ暗な山の中では若干不安なんです。
軽いのは捨てがたいですが。

DSC06532.jpg
出っ張りが大きく慣性が働くのが少し気になるけど

DSC06533.jpg
バンド固定部もシッカリ

輝度比較

DSC06535.jpg
最少

DSC06534.jpg
マックスはとてつもなく明るい

モチロン直視はできません。

本当にお勧めです!

詳細はWebをチェックしてみてください。

*****

最近は電池室のパッキンが中途半端なのに
「防水」とか言ってる製品が多いので、
みなさん、よく確認してください。

電池室にはわずかな水分でもNGですよ。







関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/30(日) 07:57:16|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンベル:L.W.トレールチェア 33



つい半年前くらいにアップした
モンベルの折りたたみ椅子

L.W.トレールチェア 26

結局、私のワガママボディに
耐えることができても、私自身が
座面積の小ささに耐えられず…

で、勿体ないですがワンサイズデカいのを
購入しました。

L.W.トレールチェア 33

結論としては、サイズこそ大きくなりますが、
重さはさほど変わらない印象です。

でも、私のワガママボディを支える
座面積としては、まだ足らなかった…

多分、普通の体系の人なら十二分にお勧めです!

DSC06508.jpg
付属ケース収納状態

DSC06509.jpg
26との比較

DSC06510.jpg
タグ表

DSC06511.jpg
タグ裏(耐荷重ギリセーフ!)

DSC06512.jpg
色も同じでこれだけでは違い分からず

DSC06515.jpg
並べると

DSC06517.jpg
座面も少し高く

兎に角、軽いけどシッカリ作ってあり、さすがモンベル!
(OEMかもしれませんが品質保証してるので安心)

オススメです。


関連記事
  1. 2016/10/23(日) 08:17:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマホのカメラ用レンズ(広角とマクロ)


#忙しく、またまた不定期で申し訳ありません…

----


ついに100円ショップでもスマホ用外付けレンズが
販売されるってことで、ようやく探しだし購入しました。

「ようやく」というのは、入荷するとすぐに売れてしまう様で、
中々購入できず。

結論としては、ま、値段相応だけど、記録用としては十分すぎる
機能でした。しかも万が一無くしても100円なので…

DSC07345.jpg
パッケージ表

DSC07346.jpg
パッケージ裏

DSC07347.jpg
本体(蓋付き)

DSC07348.jpg
側面

DSC07350.jpg
裏面

DSC07352.jpg
蓋撮った状態

DSC07747.jpg
こっちはマクロ用

DSC07748.jpg
広角用よりだいぶ小型

DSC07749.jpg
蓋なし

DSC07750.jpg
比べるとこんな感じ

どちらもクリップ力が強く、
簡単には落ちない。

IMG_7587.jpg
普通にiPhoneで撮ると

IMG_7588.jpg
レンズを付けるとふすまの足元まで!

IMG_7585.jpg
普通にiPhoneで撮った1円玉も

IMG_7584.jpg
こんなドアップ

マクロの場合、ピントが合うまで近づくと、
ガッツリ陰になるので、斜めからの照明が必須です。
でも、凄いですね、拡大率!

オススメです。

iPhoneのカバー付きで使う場合、
若干周辺が蹴られ気味。
関連記事
  1. 2016/10/09(日) 20:31:48|
  2. カメラ・ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奈良遠征



いろいろ忙しく、訪問された方々、申し訳ありません。
秋になりつつありますが、夏のネタ。

猛暑も盛りの真夏某日に息子の大会の遠征で
奈良に行きました。

日帰りだった予定ですが、遅くなり、疲れたこともあり、
急きょ宿泊…という内容です。

---

大会も無事終わり、
閉会式後に宿泊予定の家族に紹介されたホテルを急きょ予約。
息子はとりあえず銀メダルで達成感と緊張でボロボロ、
私は終日撮影でやっぱりボロボロ。

DSC_0330.jpg
ヘロヘロになりながら夜の静まった奈良の街を

っていうか7時ころなのに人もいないし店もない…WHY?

DSC_0333.jpg
ヤットコサ着いたのは東大寺に近いホテル

DSC_0335.jpg
その名もニューわかさ

DSC_0336.jpg
思ったのと違い結構きれいでオシャレ

DSC_0337.jpg
疲れた体をいやす空間(某家族も超くつろぎ)

DSC_0342.jpg
なぜか全員で記念写真(しかもコスプレ)

DSC_0344.jpg
直後に息子はダウン…お疲れ様!

で、飯でも食うかってホテルの人に聞いたら、
近くにレストラン的なモノは一切なし。
しょうがないので、駅まで結構な距離を(といっても1km)
歩く羽目に。

DSC_0346_201610021948340d4.jpg
おおおっ奈良的だ~

DSC_0350.jpg
鹿の気配(つまりフンのにおい)が感じられえる公園を見ながら

DSC_0357_201610021948372ba.jpg
ヤットコサ歓楽街(?)へ

DSC_0361.jpg
ヤットコサ見つけたイタリアンで某家族と一緒に楽しく食事

DSC_0364.jpg
アヒージョ!

DSC_0365.jpg
フリッター!

DSC_0366.jpg
パスタ!

DSC_0367.jpg
パスタ!!

DSC_0368.jpg
パスター!!!

---

帰りは疲れ果てた息子は一人ホテルに戻り、
我々は某家族と東大寺二月堂の夜景を見ようってことで!

DSC_0382.jpg
夜の東大寺で驚いたのは人の数

鹿より人人人!!!

そう、例のモンスターを狩る人たちな訳で…

DSC_0388.jpg
モチロン鹿もいました!

DSC_0393.jpg
スゴク綺麗!(撮影は下手ですが)

DSC_0394.jpg
鹿!

DSC_0396.jpg
蝉の脱皮まで見れました!

DSC_0403.jpg
石畳の光具合が最高

DSC_0404_2016100219491691d.jpg
ようやく二月堂…やっぱりハンターが

DSC_0406.jpg
最後にトドメノ階段

この日は蒸し暑くこの会談が結構きつかった…

DSC_0409.jpg
でもベランダ(?)に登ると凄いいい雰囲気!

DSC_0411.jpg
やっぱり奈良イイ!

DSC_0413.jpg
美しい!

DSC_0422.jpg
某家族の記念写真

DSC_0431.jpg
夜景も綺麗(湿度の低い冬だと凄いかも)

---

翌日はこれまた想定外の美味しい朝食を食べ、
某家族と別れ帰り際に大仏を見て帰ることに。

DSC_0471_2016100219492516e.jpg
真夏だったので当然超暑い!

DSC_0472.jpg
鹿も当然日陰に陣取り

DSC_0479_20161002194937c82.jpg
某隣国から来た大量の観光客と一緒に拝観料を

DSC_0482.jpg
おおお!30年ぶり?の大仏殿!

DSC_0484.jpg
一応記念写真

DSC_0485.jpg
正直、鎌倉とたいして違わないだろう…と思ってましたが

デカい!

DSC_0489.jpg
デカい!

恐れ入りました!

DSC_0499.jpg
後ろもハンパナイ

DSC_0503.jpg
グルット回ってヤッパリ凄いデカい!

DSC_0506.jpg
数値的にはそれほど差がないはずなんですが

なぜか圧倒的な大きさにちょっと感動し

DSC_0508.jpg
鹿を蹴散らし(嘘)ながら帰路


いつか落ち着いて来たいものですね。


関連記事
  1. 2016/10/02(日) 20:22:48|
  2. 家族イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0